読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローソン「ブランパン」

ローソン「ブランパン」

オススメ商品|LAWSON マチの健康ステーション|ローソン

 f:id:QAQQAR:20160225193726j:imagef:id:QAQQAR:20160225193748j:image

 既に有名ですが、ローソンの「ブランパン」、大変贔屓にしております。

糖質が少ないだけではなく、意外と高たんぱくで、食物繊維が豊富な所も気に入っています。普通のパンとは似て非なる商品にも関わらず、値段は普通のパンと大差がない点も魅力です。

<栄養成分表>※1個あたり

エネルギー 64kcal
たんぱく質:6.6g
脂質:1.9g
糖質:2.3g
食物繊維:5.4g

自分はだいたい夜に食べます。糖質が少なすぎて、日中だと逆に元気が出なさそうな気がして・・・。

 

このブランパン、徐々に進化を遂げています。以前は人工甘味料(確かアセスルファムK)が使われていましたが、現在は「人工甘味料不使用」になっています。

さらには知らぬ間に「米ブラン・オーツブラン使用」に代わっており(但し原材料欄には「小麦粉」の表示があるため、グルテンフリー食品ではないようです)、「塩分30%カット」になっていました。

大ヒット商品にも関わらず、商品が日々進化を続けていることには感銘を受けます。

 

この商品には鳥越製粉(株)のミックス粉が使われており、このミックス粉を作る技術は他の追随を許さないレベルなんだそうです。ブランパンはローソンと鳥越製粉の共同開発商品ですが、鳥越製粉がその粉の特許を持っていることから、他のコンビニ等の参入が発生しないようですね。

 

この商品は数あるローソン取扱商品の中でもリピート率が非常に高く、コアなファンが非常に多いそうです。商品が品切れになっていることも度々あり、ブランパンを求めてローソンを何件もはしごする羽目になることもあります。(私もローソンを5件はしごして、1つも手に入らなかった経験があります笑。)

 

ーーーーー

参考文献:

上阪徹(2015)『なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか?』あさ出版

なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか? | 上阪 徹 | 本 | Amazon.co.jp

 

追記:2016年5月最終週頃に、商品のマイナーチェンジが行われた模様です。詳細はこちら↓

qaqqar.hatenablog.com